ラフティングに関する情報が満載!

ラフティングを楽しむ

ラフティングを安全に行うために必要なことって?

ラフティングは危険と隣り合わせのレジャースポーツです。
ラフティングを安全に行うには、注意すべき点が何点かあります。
まず急流を小さなゴムボートで下っていくので、川に落ちることがあります。
参加者はライフジャケットを装着して参加しますが、ライフジャケットの紐をしっかりしめて、身体に沿わせて装着し、万が一の時に脱げることのないようにしましょう。
また川に落ちた場合を想定し、流れの緩やかな場所で、一度入水し、ゴムボートから投げられる救助ロープをキャッチする練習を行う場合があります。
万が一のときに必要な技術になるので、練習を怠らないようにしましょう。
そして、ゴムボートから必要以上に身を乗り出したりしないよう、インストラクターの指示に従いましょう。
インストラクターが激流を越えるため、「全員右に寄るように」など指示することがありますが、その指示をしっかり聞いて従いましょう。
加えて、岩場に頭部をぶつけるのを防ぐために、ヘルメットを装着します。
これも顎紐をしっかり締めて、万が一の時に脱げないように気をつけましょう。

ラフティングの安全性を確保するために

ラフティングとは、急流をボートで下っていくスポーツで、普通に考えるとその他のスポーツに比較して危険なスポーツに見えます。
しかし、しっかりと安全対策がとられ、信頼できるラフティング業者が実施しているものであれば安全に楽しむことは十分可能です。
大事なことは、信頼できるラフティング業者を選択することです。
いい事業者を選択するポイントはいくつかありますが、このスポーツを実施する舞台となる川をどれだけ詳しく知っているかが最大のポイントです。
その川で実施した経験は何年間あるのか、乗り込むガイドはどのぐらいのその川でのガイド経験があるのかといった点が非常に重要になります。
業者にガイドマニュアルの存在を確認し中身を見せてもらうという確認方法も有効です。
ガイドには特に資格は必要ありませんが、他の川での経験年数ではなく、これから実施しようとしている川での経験を重視してガイドを確認するといいでしょうし、いいガイドを揃えているかどうかで業者を判断することは大切なことです。

check


2019/6/13 更新

『ラフティング 安全』 最新ツイート

@My_cats_cats

同じような経験ある。 川でラフティングをしていたとき、わざと船を転覆させられた。私は船の真下に入ってしまったが、ライフジャケットのせいでうまく脱出できなかった。怖かった。この女の子も怖かっただろうな。ライフジャケットは簡単に脱げる… https://t.co/lWRnTXbsyu

2日前 - 2019年08月16日


@losk926

台風10号がお盆ど真ん中、近畿直撃コースなので、アウトドア&宿泊屋さんしてる僕ら的にはキャンセルがあって、経済的に結構なダメージ。。。 そりゃ台風の中、来いとは言えないのでね、安全第一なんですけど台風でせっかく増水するから、増水ラフティング、お安くご案内してみようかしら

6日前 - 2019年08月13日


@gingastar1125

夏休みは。 お父さんのところでお手伝い💧🔥💧🔥 #レジャー #ラフティング #キャニオニング #BBQ #川 #アクティビティ ※写真は安全に配慮し 専門家の指示に従っています。… https://t.co/wYrUr5YhCy

6日前 - 2019年08月12日


△ページTOP△